トップページへ→http://atorasoft.blog18.fc2.com

開発状況(2012/01/18) 完成率22%

現在制作中のゲーム「ダンジョンマスター(仮)」の開発状況をお知らせします。
このゲームは、魔王軍に所属している主人公(プレイヤー)がダンジョンをつくって
侵入者を倒すという、ダンジョン作成シミュレーションゲームです。

◆今週の実装内容
・地脈システムの実装

「地脈システム」というものを実装しました。
地脈システムの影響を受けるのは、主に設備構築の場面です。
設備は、自分の陣地内であればどこにでも構築することができるのですが、
地脈レベルが高い場所に構築すると、性能の良い高レベルの設備となります。
地脈レベルは、1マスごとに存在し、キャラクターがダンジョン内を歩くことにより上げることができます。
また、地脈(*1)には火、水、土、風の4属性があります。
キャラクターと設備にもそれぞれ属性があり、地脈と関係しています。
例えば、HPを回復する設備「温泉」の属性は「水」なので、水属性の地脈レベルに大きく影響を受けます。

◆動画 ※(画面は開発中のもので、サウンドはありません)
まず、キャラクターが、ダンジョン内を歩いて地脈レベルを上げています。
(地脈レベルが上がるとその属性を示すカラフルなオブジェが発生します)
その後、地脈レベルが低いところと、高いところにそれぞれ設備「温泉」を構築しています。
地脈レベルが低いところ(上側)では、構築した設備のレベルは0となっていますが、
地脈レベルが高いところ(下側)では、設備のレベルは9となります。
ちなみに、設備「温泉」の効果はHP回復です。
設備のレベルが高いほどHP回復量が高くなります。


◆注釈
(*1)地脈の属性について
本来、地脈というのは陰陽道の用語で、地中にあるエネルギーのことです。
なので属性は、木、火、土、金、水の五要素を用いるのが良いのかもしれません。
しかし、本作では世界観的な理由から、属性は四大元素(火、水、土、風)を用いています。
スポンサーサイト
[ 2012/01/18 18:37 ] 制作 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL